ペットホテルを利用するメリットやデメリット

仙台や盛岡などには多数のペットホテルがあるけれども、このような施設を利用するメリットやデメリットには何があるのか、利用前にしっかり理解しておくことが賢くペットホテルを使うコツに繋がります。

仙台市や盛岡市など東北地方にも数多くのペットホテルがありますが、このような施設を利用するシーンの中には旅行や帰省、出張などが挙げられるのではないでしょうか。こちらでは、ペットホテルとベットシッターの違いや料金の相場、ペットホテルを利用する上でのメリットやデメリットなどを解説していきますので参考にされることをおすすめします。

そもそもペットホテルとは?

仙台 盛岡 ペット ホテル

人には犬派や猫派などがいるけれど、犬や猫は大切な家族などと考える人が多くなっています。最近はペット飼育ができないとアパートやマンションを借りる人がいないなど、ペット飼育を可能にしている賃貸物件も増えていますが、一人暮らしの場合などでは飼い主さんが仕事に出かけている間は部屋の中で一人で遊んでいたり、ご飯を食べたり眠ったりと飼い主さんが帰宅するのを待ち望んでいることでしょう。残業などで遅くなってしまうこともあるけれども、部屋で一人で待っているわけですから帰ったときには愛犬や愛猫と触れ合いたいものです。しかし、これが出張ともなると一人で部屋に置いておけないなどからペットホテルを利用して愛猫や愛犬を預かって貰いたいなど考えるケースも多いといえます。

ペットホテルは、文字通り犬や猫などのペットに特化している宿泊施設です。ペットホテルの多くが急な体調不良でも対処してくれるなどのサービスがあるので、飼い主さん側からすると留守中も安心できますし、宿泊する前にエントリーシートに記載してあるかかりつけの動物病院に電話連絡してくれるなどのサービスを提供している所も少なくありません。また、ペットホテルの中にはフリースペースが設けてありそこで犬同士が仲良くなることもあるなど友達作りにも最適です。

ペットシッターとペットホテルの違いとは?

仙台 盛岡 ペット ホテル

ペットシッターはペットホテルと比較する人が多いサービスになりますが、ペットシッターはアメリアではベビーシッターと並び一般的なサービスとして認知されています。日本で生活を送っている人などは他人を留守中に家の中に上がることに対して抵抗感があるけれども、ペットとの生活スタイルが欧米化していることからペットシッターへの人気も集まり利用される人も増えています。ペットシッターの場合は、ペットホテルとは異なり眠る場所やご飯を食べる場所、そして好きな玩具がいつでもそこにあるなどペットのストレスを最小限にできるメリットを持ちます。そのため、ペットシッターを使えば自宅から出ないので平常心でペットは過ごせるメリットになるわけです。

ペットホテルの場合は、宿泊施設までペットを連れて行かなければなりません。出張などで早朝に出かけるとなったとき、受付されていないと利用できないなどの不安もあるかと思われますが、最近のペットホテルは24時間いつでもチェックインができるようになっているので早朝の出発や遅い時間帯にお迎えなどでも対応して貰えます。なお、ペットシッターを利用する前には自宅で面談や打ち合わせを来なってからになるので、ペットのとの相性やフィーリングなどを確認した上で依頼したり断ることもできます。

ペットホテルの利用にかかる料金の相場

仙台 盛岡 ペット ホテル

ペットシッターは契約の内容にもよりますが、1度の利用で1時間前後が一般的です。ペットだけで過ごす時間が長くなるので、途中で災害などが発生してしまうととても心配になってしまう飼い主さんは多いといえます。特に夏場に発生しやすいゲリラ豪雨などで停電が発生してしまうと、冷房は停止状態になりますし室内は夏場の猛暑で高温度に達するなど犬は人間よりも熱中症になりやすいことからも、留守中に熱中症で死んでしまうなどの可能性もないとはいい切れません。その点、ペットホテルは夜間に無人になるところもあるけれども人と一緒にいる時間が長くなるので安心感もあるのではないでしょうか。

ペットホテルを利用する上で気になることはサービス内容以外にも利用料金、これは犬の大きさやペットの種類などにより異なりますが相場を簡単に解説しておくことにしましょう。小型犬の場合は1泊3,240円で中型犬は4,320円、大型犬は5,400円が相場です。猫の場合は3,240円が相場ですから小型犬と同じだと考えておけば良いでしょう。サービス内容には宿泊以外にも、爪切りや散歩、トリミングに報告メールなどがあるので旅行先でもメールを通じてペットの状態を教えて貰えます。なお、トリミングはサロンが経営しているペットホテルで行われていることが多いサービスです。

ペットホテルのメリットまとめ

仙台 盛岡 ペット ホテル

旅行や仕事での出張、急な帰省をしなけばならくなったときペットホテルなら安心して愛猫や愛犬を預けて出かけることができます。犬の場合、成犬になるとある程度トイレを我慢できるようになりますし、猫の場合は食事を多めにしておけば1泊程度のお留守番は可能です。しかし、数日単位で留守しなければならないときもあるでしょうし、例え1泊程度のお留守番でもペットのことが心配、このような人におすすめなのがペットホテルです。最近のペットホテルは動物病院が併設されているところやゲージを使わないフリースペースのペットホテルもあるので、利便性そのものは高くなっています。

ペットホテルのメリットはサービスの規模および利用のしやすさであり、利用するときには食事やおもちゃ、リードなどのような身の回り品だけを持ち込めばOKです。朝と夕方にはお散歩に連れて行って貰えるので運動不足の解消にも最適ですし、これが標準で付いているところをオプションになっている所があるので利用前に確認しておきましょう。料金体系が明確になっているのもペットホテルを利用するメリットの一つで、比較的リーズナブルな価格で利用できるので飼い主さんの負担も少なくて済みます。基本的に24時間営業になっているペットホテルが主流になっています、場所にもよりますが空きが多いのでいつでも利用できるメリットもあるのではないでしょうか。

ペットホテルのデメリットまとめ

仙台 盛岡 ペット ホテル

ペットホテルは1泊から利用することができるのですが、1泊よりも長期滞在に向いているなどからも利用者の中には数日間預けている飼い主さんも少なくありません。長期滞在で利用することができる、これはペットホテルを利用すると安心感が得られる証ともいえるのですが、事業規模が大きいペットホテルなどでは空きが多めになっています。結構メリットが多いペットホテルなのでデメリットはないのではないか、このように考える人も多いかと思われまうが、他のペットからの感染症への懸念や規模の大きさなどからそれぞれのペット管理が困難などのデメリットは存在しています。

色々な大きな犬が宿泊することになるわけですが、大型犬の中には犬同士で吠えてしまうこれが小型犬などのストレスになることもゼロではありません。吠えるだけならまだしも、気性が荒い犬同士がかみついたりすると咬傷事故などのトラブルが起きてしまうこともあるわけです。もちろん、このようなトラブルが起こらないようペットホテル側は様々な工夫を行っているわけですが、わずかなデメリットの中でも感染症のリスクやペット間のトラブルはペットホテルを利用する上での最大のデメリットのように考える人も多いといえましょう。感染症やペット間のトラブルは滞在日数で拡大しやすくなるので短期利用が安心に繋がります。

ペットホテルやペットシッターなどについて解説していきましたが、短期間の留守ならペットシッターでも良い、しかし1泊でもしっかり面倒を見て欲しいと考える飼い主さんはペットホテルを利用するケースが多いようです。しかも、利用料金が比較的リーズナブルですから経済的にも安心です。